ニートでも就職は可能なのか?

数年間ニートをしているけど就職はしたい
でもニートだし、うつ病の経験もある、社会にでたことがない、こんな自分でも企業は雇ってくれるのだろうか?

 

こんな心配をしながら、でも就職したいと思っているはずです。

 

ニートだったとしても、20代、30代の若い層の未経験者の求人は多くあります。また、東京オリンピックが開催されるので需要も増えています。

 

ニートを脱出して就職するならチャンスは今です

 

まずは就職を支援してくれるサイトに登録しましょう。

  • 自分ではわかりづらい細かな手続き
  • どうやって就職活動をはじめていくのか
  • どんな仕事を選ぶといいのかわからない

このような悩みも解決できます。その道のプロたちがカウンセリングを行い適切なアドバイスをしてくれます。不安もあるでしょうが、一歩踏み出してまずは就職支援サイトへの無料登録から始めていきましょう。

ハタラクティブ

【ニート・フリーターなどの若年層向けの支援サイト】

20代、30代の若年層ニートが利用するならハタラクティブが一番おすすめとなります。
  • 20代をメインとした就職・転職の支援サイト
  • 未経験でも正社員として就職できる求人をメインに扱っている

まずはハタラクティブに無料登録し無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

↓↓ 公式サイト

 

 

 

ハタラクティブの評判は?

ハタラクティブは、「学歴不問」「経験不問」の求人情報を集めている支援サービスとなりますのでニートから脱したい人や既卒、第二新卒の方も利用するサービスです。正社員としての実績を踏まえての求人を扱っている支援サービスとは違ったサービスということになります。

 

ネットで気軽に登録して利用できる就職支援サービスでは異色となります。
ハタラクティブで扱っている求人は、フリーター、既卒、第二新卒など20代の若手や正社員未経験の方を採用して、長期的に育成したいと考える会社や、人柄・人物重視の採用で幅広い人材を確保したいと考える会社など、キャリアや学歴にこだわらない募集をしている会社が多いです。

 

また、「若者が集まらない」「求人サイトに掲載するほど費用をかけられない」という会社にも足を運び、他にはないハタラクティブだけの貴重な求人を集めているのも大きな特徴です。

 

 

 

扱っている求人

例えば・・・・
メーカー/商社/人材・教育/広告・マスコミ/IT・WEB/不動産・建設・設計
金融・保険/旅行・ホテル/流通・サービス/小売・イベント営業/一般事務
企画・マーケティング/総合職(経理、総務)/編集・クリエイター/SE・エンジニア
販売・サービス/編集・クリエイター/建築・土木/製造・設備・運輸ITサービス
ネット広告の仲介、コンサルティング事業/大学などの教育機関
地方自治体・民間企業を対象にコンベンションの設計、予算管理・運営業務

 

↓↓ 公式サイト

 

JAIC(ジェイック)

【20代の既卒・フリーター・第二新卒の就職支援】

ジェイックは高卒、大学中退者の就職支援にも強いのでニートの方にもおすすめです。
  • ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あります
  • 優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを随時開催しています

 

公式サイト↓↓

 

20代女性専用支援サイト<JAIC>はこちら↓↓

 

 

ジェイックの特徴

ジェイックはニートの就職を斡旋していると言うわけではないですが、20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を行う転職サイトです。ですから、高卒、大学中退者の就職支援にも強いのが最大の特徴です。
また、学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる仕組みもありますので、20代のニートでも安心して相談できるエージェントだと思います。

 

そしてジェイックでは、優良企業に入社すること・入社して定着することに注力して支援を行っていますので、ニートのように実績がなく、世間との距離もあるような方でも支援体制が整っているのも安心です。

 

扱っている求人も正社員のみとなりますので、ニート脱却のチャンスでもあります!

 

 

扱っている求人

広告・メディア/メーカー/商社/IT通信/建設・不動産/

 

例として・・・

  • 東証一部上場企業の子会社のメーカー
  • 全国シェア1位の分野をもつ上場企業
  • 社員17名で売上げ55億の優良商社
  • テレビ局や大手広告代理店と一緒に、番組やCMを作る映像制作会社
  • 国内シェア8割、世界シェア3割の優良メーカー
  • 看板商品はアジアシェア1位優良安定企業

 

 

公式サイト↓↓

 

仕事探しに必要な準備について

実際に仕事を探そうと思ったら、必要な準備はどんなものなのでしょう。フットワークも軽く、思い立ったらすぐに動くのも大事ですが、仕事探しを達成するための大切なのはしっかりとした準備です。

 

現時点で働いていない人は、仕事探しと同時に働くための準備も大事です。

 

仕事探しを今働きながらする人も、家族や周囲の人に新しい勤務地や、勤務時間の変更などがどのような変化をもたらすかを検討することが大切になってきます。どんな条件で仕事探しをするかを、仕事探しを行う前からはっきりさせておきましょう。

 

要点を押さえた行動を心がけておけば、いざという時にスピーディな決断もできます。どんな目的でなぜ仕事を探すのかを自分で理解しておくことです。絶対に仕事探しで満たしておきたい条件は何かを明確にしましょう。どうしてその条件が不可欠なのかを自分で分かっておけば、そこから志望の動機もはっきりするかもしれません。その仕事をすることが、最初に考えていた自分の希望どおりだとはっきり言えることが、仕事探しの成否を分けます。

 

後々就職活動で行動に矛盾が出たりすることが、ポイントが明確でないままで仕事探しをしていることによってあるでしょう。志望動機を面接の場でもしっかりと述べることができなくなってしまうでしょう。仕事探しの準備では、何を最重要ポイントにするかをはっきりさせることが大事です。

 

 

 

↓↓ 公式サイト

転職エージェントを使って探す求人募集

転職の求人募集情報をさがす方法として転職エージェントを使う方法があります。エージェント側といい関係を築くことができれば、転職活動も行いやすくなります。

 

転職エージェントにこちらを理解してもらうには、どんなことが役に立つのでしょう。
転職活動全般に関するアドバイスをもらったり、職探しの指針を聞いたりして、転職エージェントとたくさん会話をしておくのも手段の一つです。エージェントは過去のさまざまな経験から求人募集情報も転職に成功するためのノウハウもたくさん持っています。

 

面接の準備はどんなことをすればいいかなども聞いてみるといいかもしれません。他社を通じた転職活動についても相談してみましょう。内容によっては言いづらいこともありますが、転職エージェントは判断材料として正確な情報を必要としています。適切な助言が必要ならば、正直に話した方が利点は大きいものです。重要な事実をあえて隠したまま転職エージェントと話すことはよくありません。

 

その時は転職がうまくいかずとも、転職エージェントとの関係性がより深まれば相手も納得するようです。エージェントの口添えによって当落ラインぎりぎりのところで転職に成功することもあります。求人情報を賢く使うためにも、転職エージェントの存在は大事にするようにしてください


このページの先頭へ戻る